神社の紋章について

ij5_im_008

各家の家紋と同じようにそれぞれの神社にも紋章が用いられており、これを神紋(しんもん)と称しています。

我が国における紋章の起源は、平安時代に公家社会において用いられた紋章に遡ることができます。初めは各自の好みの文様を、それぞれの衣装や調度に装飾的な意味で用いていましたが、だんだんと父祖伝来の文様が慣用されるようになり、一族の文様として定着していきました。

その後、武家社会においては、戦地において敵と味方を瞬時に判別する必要から、旗指物などに一族の文様を描くようになりました。一族の団結の象徴でもあるこの文様は、目印としての実際的な意味合いが強くなり、次第に簡略化されて、現在のような家紋の形となっていったのです。

さて、神社における神紋についてですが、この成立に関して幾つかに分けることができます。

まず一つは、神社に縁深い神木などの植物、祭器具などを表したものが神紋として用いられる場合で、大神(おおみわ)神社の神杉などを例としてあげることができます。

二つ目は伝説や伝承などに基づくもので、菅原道真公を祀る天満宮の梅紋は、道真公が生前に梅の花をこよなく愛でたという伝承により、神紋として用いられたものといわれています。

三つ目は家紋から転用されたもので、これは歴史上の人物をお祀りする神社に見られるものです。徳川家康公をお祀りする東照宮では、徳川家の家紋である葵紋が、神紋となっています。

このほかにも、神紋には神仏習合に関わるものや、天文気象に関するものなど、さまざまな文様が用いられており、人々の篤い信仰と歴史的背景を現す象徴ということができます。

(『神道いろは』32頁参照)

 

このページのトップへ