MENU
神社本庁

目次

氏神さまについて

氏神うじがみさま」って何ですか?

氏神うじがみさまとは、ご自身がお住いの地域の神社(氏神神社)のことで、この神社の鎮座する周辺の一定地域に居住する方を氏子うじこと呼びます。
→もっと詳しく 「氏神と崇敬神社について」

氏神うじがみさま」と「産土うぶすな神社」と違いはありますか?

神社のことを「氏神うじがみさま」「産土うぶすなさま」「鎮守ちんじゅさま」と呼ぶことがあります。古くは、氏神は同じ氏族が共同で祀った祖先神を、産土神は人々が生まれ育った土地の守護神を、鎮守神は国や地域、寺院、王城などの場所を守護する神のことを言いました。しかし、これらの神様は時代の変遷とともに、同じ意味に使われるようになりました。
こうした地縁や血縁的な関係以外で、個人の信仰により崇敬される神社を「崇敬神社」と呼びます。
→もっと詳しく 「氏神と崇敬神社について」

氏神さまは産まれた土地の神様ですか?それとも、今住んでいる土地の神様ですか?

氏神うじがみさまは、ご自身がお住いの地域の神社のことですので、いま暮らしている土地の神様が氏神さまといえます。出生地の神様も「崇敬神社」として大切にお祀りしては如何でしょうか?

自分の住んでいる地域の「氏神さま」を知るにはどうしたらよいですか?

氏神さまは、ご自宅に一番近い神社の場合が多いので、最寄りの神社を訪ねて神職にお尋ね戴くのがよいでしょう。神社に神職が常駐していない場合は、お住いの都道府県の「神社庁じんじゃちょう」にご相談ください。
→もっと詳しく 「神社庁一覧」

神棚のおまつりの仕方について

神棚はどこに設置したらよいですか?

神棚は南か東向きを基本として、清浄な場所に設けます。家族全員が拝みやすく、大人の目線より高いところに設けるのがよいとされています。住宅事情等により、神棚が設置できない場合は、タンスや書棚などの上を清潔にして、そこにお神札をおまつりするのもよいとされています。
→もっと詳しく 「お神札のまつり方」

たくさんお神札があって、すべて納めることができません。

お神札の数が増えて、宮形にお納めすることができなくなったときや、宮形に入らない大きさのお神札は、宮形の横に丁寧に並べておまつりしましょう。
→もっと詳しく 「お神札のまつり方」

会社に神棚を設けたいのですが、どのようにしたらよいですか?

会社の事務所などに神棚を設ける場合も、ご家庭の場合と同様の考え方で結構です。神棚の設置にあたっては、氏神神社等の神職に相談し、お祓いをしてもらうのもよいでしょう。

先祖のまつりについて

家庭での先祖まつり

神道ではご先祖さまをどのようにおまつりするのですか?

家庭での先祖のおまつりは、神棚とは別に御霊舎みたまやで行います。これは仏式でいう仏壇にあたるもので、祖先の霊が鎮まる霊璽れいじを納めるところです。初めておまつりするときは、まず氏神神社等の神職に相談をしてみましょう。
→もっと詳しく 「祖先のおまつりについて 祖先のおまつりの仕方」 

お供えはどのようにしたらよいでしょうか?

神棚へのお供えと同じく、お米、お酒、塩、水等をお供えします。おまつりされている方の、生前の好物をお供えするのもよいでしょう。

神道にもお盆やお彼岸はありますか?

神道でもお彼岸やお盆にご先祖様をお迎えします。「お彼岸」や「お盆」の文化は、仏教・神道の垣根をこえた日本の風俗習慣に基づいているからだと考えられています。
→もっと詳しく 「祖先のおまつりについて お彼岸とお盆について」 

お身内の方が亡くなられたとき

神道による葬儀について教えてください。

神式による葬儀のことを神葬祭といいます。神葬祭とは、日本固有の葬儀を土台に整えられた葬儀式で、亡くなられた方の御霊をお鎮めし、清めて長く家の守り神としておまつりします。
地域によって名称や内容が若干ことなることもありますが、一般的な流れ・神事をご紹介します。まず、故人の御霊を慰める「通夜祭」、故人との最後のお別れとなる「葬場祭(告別式)」が行われます。故人が亡くなられてから50日の節目には「五十日祭」を行い、以降、命日には「年祭」を行います。
この他にも、葬儀にまつわる諸祭儀がありますが、地域差もありますので、実際に行う場合は神社に伺うのがよいでしょう。
→もっと詳しく 「神葬祭について」
→もっと詳しく 「神葬祭のながれ」

神道式の葬儀(神葬祭)は、どのように行えばよいでしょうか?

初めて、神葬祭を行う場合は近くの神社に相談してみるのがよいでしょう。普段、神職が常駐していない神社もありますので、その場合はお住いの都道府県の神社庁にご相談いただいてもよいでしょう。
→もっと詳しく 「神社庁一覧」

神道のお墓と仏教のお墓に違いはありますか?

神道のお墓と仏教のお墓は、一般的に形は似ており、大きな違いはありません。これは、お墓を設け、先祖まつりをおこなうこと自体が、日本の風俗習慣に基づくことによるといわれています。
→もっと詳しく 「神道のお墓について」

どのくらいの期間神社へのお参りをご遠慮したらよいでしょうか?

親族が亡くなると、身内は喪に服しますが、このことを「服忌ぶっき」といいます。「忌」とは身を慎み故人をまつることに専念すること、「服」とは喪に従い、故人への哀悼の気持ちを表す期間のことを言います。服忌について、地域に慣例がある場合はいうまでもありませんが、一般的には五十日祭までが「忌」の期間、一年祭(一周忌)までが「服」の期間とされています。やむを得ない場合は、お祓いを受けるのがよいでしょう。
→もっと詳しく 「服忌について」

お供えはどのようにお渡しすればよいでしょうか?

白黒の水引を選び、表書きは「玉串料」あるいは「御霊前」と書きます。包みの裏のたたみ方は、弔事では上の折り返しを上にして目を伏せた悲しみの状態を表していると言われています。
1年を過ぎた「年祭」に参列する場合のお供えは「玉串料」と書きましょう。

服装はどのようにしたらよいですか?

神葬祭に弔問するとき、葬場祭(告別式)は喪服(男性・略礼服、色無地の羽織/女性・黒のワンピース・スーツ・黒無地の和装)を着用し、通夜祭は喪服を着用しないのが本来のマナーです。通夜祭に関しては、急いで弔問に訪れたという気持ちを表すためにも、地味な平服(スーツなど)で差支えありません。ただし、葬場祭に参列できず、通夜祭だけの弔問になるような場合は、喪服を着用することもあります。
→もっと詳しく 「神葬祭に参列する際の服装について」

その他のご質問

昨年のお神札やお守りはどのように扱うのがよいですか?

お神札やお守りは、1年ごとに新しく受けていただくことがよいとされています。前の年のお神札やお守りは受けた神社にお納めするのがよいでしょう。受けた神社に行くことができない場合は、お近くの神社に相談、または、お気持ちを添えて受けた神社にお送りするのも一つでしょう。

神道の勉強をしたいのですが、参考になる本はありますか?

神道は、とても古い歴史を持ち、日本の伝統、文化にも深いつながりがあるので、どこから学んでよいかわからない、という方がたくさんいらっしゃいます。
全部一度に学ぼうとせず、ご自身の興味のある所から掘り下げてみてはいかがでしょうか?
参考として、神社についての基礎知識がまとめられている『神社のいろは』『神道いろは』という本をお読みいただくのもよいでしょう。また、神社本庁のホームページにも引用している『氏子のしおり』もご参考になるかと思います。
→もっと詳しく 『神社のいろは』
→もっと詳しく 『神道いろは』『氏子のしおり』

ご祈願が成就したのでお参りしたいのですが、どのようにしたらよろしいですか?

神様にお願いしたことが叶った時には、感謝の気持ちを込めてお礼のお参りをするとよいでしょう。ご祈祷のように、神社に申し込みをしてお礼の気持ちを表す方法もあります。
→もっと詳しく 「神社でのご祈願について」

家を建てたり、引っ越しをした時など、お祭りをしたほうがよいと聞きましたがどのようすればよいのでしょうか?

建築にまつわるおまつりはたくさんありますが、工事を始める前に行う「地鎮祭じちんさい」、建物の骨格の柱を立て終えたのち、棟木むなぎを上げるときにとり行われる「上棟祭じょうとうさい」、立派に建物が完成したことを神様に奉告し、家庭の安全を祈るお祭りが「竣工祭しゅんこうさい」などがあります。地域によっても名称が異なることもあります。引っ越しの場合にも、入居前に住居を清める「家祓やはらい」「清祓きよはらい」を行います。初めて行う時には、氏神神社、またはお近くの神社に相談してみましょう。
→もっと詳しく 「地鎮祭について」

よくあるご質問(FAQ) 公式サイト Copyright©神社本庁,平成30年12月5日 All Rights Reserved.