shi_ti_001





story7-title
story7


天照大御神(あまてらすおおみかみ)さまは、孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)に三種の神器(さんしゅのしんき)である八咫の鏡(やたのかがみ)・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)を授け、豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)を高天原(たかまのはら)のようにすばらしい国にするため、天降るように命じました。

さっそく瓊々杵命が高天原に住む天神(あまつかみ)を伴って天降ろうとされると、あやしい光を放つ神さまがいました。

天照大御神さまは不思議に思われ、天宇受売命(あめのうずめのみこと)という女の神さまを遣わしてどうしてそこにいるのかを問わせました。

その神さまの名は猿田彦神(さるたひこのかみ)といい、瓊々杵命が高天原から天降られることを聞き、お迎えにあがったのだと答えました。

そこで瓊々杵命は猿田彦神を先導に、いくえにも重なった雲を押し分け押し分け、日向の高千穂の地に天降られました。

そしてそこに立派な宮殿をお建てになられました。

ある時瓊々杵命は、それは美しい乙女に出会いました。

大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘、木花咲耶比売(このはなさくやひめ)でした。

ところが、木花咲耶比売は一夜にしてみごもられました。

命は比売が他の神の児をみごもったと疑いました。

そこで比売は身の潔白さを示すため、戸が一つもない産屋を作り、その中で児を産むことにしました。

もしお腹の児が命の子供でないならば、焼け死ぬであろうといって産屋に火を放ちました。

火はみるまに産屋をつつみましたが、その燃え上がった炎の中で、不思議にも比売は三人の児を生みました。

疑いも晴れ、瓊々杵命と木花咲耶比売は、末永く高千穂の宮で暮らしました。

神話 天孫降臨について

天孫降臨は、皇室の御先祖が高天原から天降り、この国を豊かにそして平和に治められていく様子を語り伝えるものです。
瓊々杵命は天照大御神さまより、高天原の稲を授かり、豊葦原水穂国の人々の食物とするように命じられました。
この神話を私達の祖先は稲作の期限として語り継いできました。
ここからも稲が日本人にとっていかに大切で、神聖な食物であったのかを理解できましょう。



他の神話を見る

このページのトップへ