shi_ti_001





story1-title
story1


遠い昔、日本の国ができる前のことです。

澄み渡った高い空の上に、高天原(たかまのはら)という神々のお住まいになっているところがありました。

ある時、神々は下界に新しい国を造ることをご相談になられました。そこで伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の二柱の神さまに国作りを命じられ、天の沼矛(あめのぬぼこ)という矛を授けられました。

二柱の神さまが、天の浮橋(あめのうきはし)という大きな橋の上に立ち、下界の様子を眺めてみますと、国はまだ水に浮いた油のように漂っていました。

さっそく二柱の神さまは、神々より授けられた矛を海水の中にさし降ろすと、海水を力いっぱい掻き回し始めました。

しばらくして矛を引き上げてみると、どうでしょう、矛の先より滴り落ちる潮が、みるまにも積もり重なって於能凝呂島(おのごろじま)という島ができあがりました。

そして二柱の神さまはその島に降りたつと、天の御柱(あめのみはしら)という大変大きな柱をたて、柱の回りを伊邪那岐命は左から、伊邪那美命は右から、それぞれ柱を廻りあいました。

そして出会ったところで「ああなんと、りっぱな男性だこと」、「ああなんと、美しい女性だろう」と呼び合い、二人で多くの島々を生みました。

はじめに淡路島、つぎに四国、隠岐島、九州、壱岐島、対島、佐渡島をつぎつぎと生み、最後に本州を生みました。

八つの島が生まれたところから、これらの島々を大八島国とよぶようになりました。 これが日本の国土のはじまりです。

神話 国生みについて

天地の始め、高天原に天御中主神、高御産巣日神、神産巣日神のお三方の神さまが御出現になりました。
日本の国土はまだ稚く、水に浮いた油のようにフワフワと海面を漂っていて、ちょうどクラゲが海面を泳いでいるようであったといわれます。
そうした中で次々に神さまが現れ出てこられますが、この国土をしっかりと作り固めるよう天の神さまから仰せを受けたのが伊邪那岐命・伊邪那美命です。
日本の国はこうした多くの神々の力によって形成され、今日の基礎が打ち立てられたことをこの話は語り伝えています。



他の神話を見る

このページのトップへ