家庭のおまつりについて

im2_im_001

昔から日本人は、生活に欠かすことのできない、大切な場所に神さまをおまつりしてきました。家の中でおまつりするために設けられたのが神棚です。棚におまつりすることは、神聖で尊いものを他から区別するという意味があります。

家の門口や台所などにお神札(おふだ)を飾り、竃(かまど)の荒神(こうじん)さまには荒神棚をしつらえ、井戸には水神(みずがみ)さまを、季節の節目に家に訪れる年神さまやお盆さま(祖先の霊)には臨時の棚を設けておまつりし、神さまの存在を家族と同じ感じてきました。そして日々のおまつりを通して、神さまの恵みに感謝するこころを養うとともに、優しさや思いやりの心を育んできました。

神さまを棚におまつりすることは、奈良時代に編纂された『古事記』に、皇室のご祖先にあたる天照大御神が、お父さまである伊邪那岐命から玉をいただき、これを神聖なものとして棚におまつりしたことに由来しているといわれています。

また天照大御神をおまつりしている伊勢の神宮では、かつて御師(おんし)と呼ばれる人々によって神宮大麻(じんぐうたいま)が全国に頒布(はんぷ)されていました。このお神札をおまつりするために、各家庭で特別に設けられたのが、大神宮棚(だいじんぐうだな)と呼ばれるもので、これが今日の神棚の起源とも言われています。

神棚を通して毎日、家庭でのおまつりを行うとともに、私たちは古くから人生の節目ごとに、さまざまな儀礼・行事を行ってきました。地域の神社を氏神さまと仰ぎ、入学・結婚・子供の誕生など、人生の節目ごとに家庭や地域を挙げてお祝いしてきました。 そうした家庭でのおまつりや身近な人生のおまつりを通して、私たちは知らず知らずのうちに神さまの存在を感じてきたのではないでしょうか。

(「氏子のしおり」45号『神様と暮らす』参照)

 

このページのトップへ