お参りのいろは

参拝方法

何事も、心が素直に表された形は自然で、また美しくもあり、私たちの共感を呼び起こすものです。

神社に参拝する場合、どうしても形にとらわれてしまい、終始形式的になりがちです。参拝作法は、永い間の変遷を経て現在、「二拝二拍手一拝」の作法がその基本形となっています。

そこに、どう心を込めるか、また込めたほうがよいのかは、参拝される皆さんの心の持ち様ではないでしょうか。

それがためには、具体的な形におけるそれぞれの作法の意味をわかって戴くことが重要です。もちろん、祈りの心は個々に違っていて当然ですが、参拝とそれにかかわる作法について、その「形」の前提にある「心」をわかって戴ければ幸いです。

作法を動画で見る

手水の作法

私たちの祖先は、神社にお参りをし、あるいは「お参り」を奉仕して、御神威をいただくためには、先ず自ら「心身の清浄」につとめることを、必須の条件と考えていました。
私たちも参拝の前には、作法の一番目ともいうべき「手水」の励行をいたしましょう。
先ず、手水舍(てみずや)の前に立ち、水盤に向かい、「心身の浄化」のために手水を行うことが最も大切です。

作法を動画で見る

作法を動画で見る

拝礼の作法

柏手は柏の葉のように両手の指を揃えて打ち合わせるので、一般には(かしわで)を打つなどといわれています。
神前で打つ柏手も、神さまに誠の心を捧げお陰をいただいてることに心から感謝して打つものです。
拝(はい)もまた今日では敬礼作法の一つとして行われていますが、普段の生活の中でも、感動や感謝の表現として、無意識のうちに行われています。
神社での参拝方法は、二拝二柏手を基本としていますが、神社によっては特殊な拝礼方法を行ってるところもあります。

作法を動画で見る

作法を動画で見る

玉串拝礼の作法

神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、神さまに玉串という榊(さかき)の枝を捧げます。
玉串は、みずみずしい榊の枝に木綿(ゆう)、紙垂(して)といわれる麻や紙を取り付けたものです。
私たちの祖先は遠い昔から、榊に神々を招き、また神前に榊を供えてお祭りを行ってきました。
私たちは、神前に進み、玉串を通して自らの誠の心を捧げるとともに、神さまのお陰をいただきます。

作法を動画で見る

COPYRIGHT (c) JINJA HONCHO ALL RIGHTS RESERVED.