主な活動

神社本庁は、「敬神生活の綱領」の精神の下、 次のような活動を行っています。

敬神生活の綱領

神社神道には、他宗教のような戒律に当たるものはありませんが、
実践綱領(じっせんこうりょう)としては、「敬神生活の綱領」があります。
神道は天地悠久(てんちゆうきゅう)の大道(たいどう)であって、崇高(すうこう)なる
精神を培(つちか)ひ、太平を開くの基(もとい)である。
神慮(しんりょ)を畏み(かしこみ)祖訓(そくん)をつぎ、
いよいよ 道の精華(せいか)を発揮し、
人類の福祉を増進するは、使命を達成する所以(ゆえん)である。
ここにこの綱領をかかげて向ふところを明らかにし、
実践につとめて以て大道を宣揚(せんよう)することを期する。

一 神の恵みと祖先の恩とに感謝し、明き清きまことを以て祭祀(さいし)にいそしむこと
一 世のため人のために奉仕し、神のみこともちとして世をつくり固め成すこと
一 大御心(おおみこころ)をいただきてむつび和(やわ)らぎ、
国の隆昌(りゅうしょう)と世界の共存共栄とを祈ること

神社神道の宣布

祭祀の執行
氏子崇敬者の教化育成
神宮の奉賛(ほうさん)と神宮大麻(じんぐうたいま)の頒布(はんぷ)
神職の養成
図書の発行頒布
その他神社の興隆(こうりゅう)を図るために必要な活動

 

このページのトップへ