23 甘酒

221215 mihojinja toriage

甘酒といえば、「寒い冬に体を温めてくれる飲み物」というイメージの方も多いでしょう。実際、初詣の頃、ご参拝の皆様に暖を取ってもらおうと振る舞う神社も多くあります。

ところがこの甘酒、俳句の世界では夏の季語だという事をご存知でしょうか。甘酒の原料は、神道では神さまから授かったとされる「お米」です。このお米から作られる甘酒は、栄養価が高く胃腸にも優しいことから、江戸時代には夏の栄養ドリンクとして親しまれていました。

酒粕からつくる甘酒もありますが、米麹からつくる甘酒にはアルコールが含まれず、お子様でも安心して飲むことができます。ビタミンB群やアミノ酸がバランスよく含まれ、胃腸に優しく、お通じも良くなり、お肌にも良い。さらに、加糖せず自然の甘みで低カロリー、点滴と成分が似ていることから「飲む点滴」とまでいわれ、まさに良い事ずくめなのです。また、その起原は古墳時代まで遡るそうで、一説には歴史書『日本書紀』に記載されている「天甜酒(あまのたむさけ)」が起源ではないかとも言われています。この「天甜酒」は、新嘗祭で神様にお供えされたと記されており、甘酒は神社との関わりも深いようです。

まだまだ暑い気候が続きます。栄養豊富な甘酒を、歴史や文化の香りも感じつつ召し上がってみてはいかがでしょう。

このページのトップへ