19 煤払い(すすはらい)

煤払いという行事をご存じでしょうか。

これは1年に1度、家の煤を払い、内外の掃除をすることをいいます。全国的に12月13日に行われることが多く、まもなく新年を迎えることから、併せて大掃除を行うことも多い年の瀬の行事です。今でも各地の神社で、この行事は残っており、テレビや新聞などでその様子が伝えられる年末の風物詩です。

煤払いのことを、正月迎え、ことはじめ、ええことはじめ、まつならし等と呼ぶ地域もあり、掃除とともにお正月に年神さまをお迎えする、お正月準備のはじめとも言われています。
この日に、正月飾りの松を山から切り出す松迎え行事などをする地域などもあります。

煤払いの手順としては、まず神棚を掃除し、それから、台所をはじめ各部屋を掃除します。

掃除道具は、あらかじめ刈ってきた笹竹の先に葉や藁を付けたものを作り、これを使って掃除します。これを清め竹という地域もあり、煤払いには掃除だけでなくお清めの意味もあるのです。

使用した清め竹はすぐに処分せず、小正月の左義長(さぎちょう)の際にお焚きあげするという地域もあります。ただ、現在では笹竹を刈ってくることが難しい地域もあり、その際は新品の掃除道具を用意してこれにあてるのがよいでしょう。用品店で購入した物の中には、プラスチックや金属・塩ビなどが使用されている物が多く、これらはお焚きあげは出来ませんのでご注意ください。

煤払いが終わった晩には、煤払い祝いといって、煤払いもちや団子などを食べる風習もあります。

近年、ご家庭では大掃除を年末ギリギリに行うことが多くなりました。しかし、12月13日に、神棚だけでも煤払いをしてみてはいかがでしょうか。お正月に年神様を迎える気持ちが一段と高まり、清々しい新年を迎えることが出来るでしょう。

平成25年12月5日

このページのトップへ