16 祇園さん

IMG_0032+全国に鎮座する「祇園(ギオン)さん」「八坂(ヤサカ)神社」は、スサノオを御祭神とする祇園信仰として各地に伝わっています。

御祭神のスサノオは、インドの祇園精舎の守り神・牛頭天王と習合し同じ神様として、また病気を鎮める神さまとして信仰されてきました。

「祇園祭」は夏に向けての疫病祓い、夏越の祭りとして、盛大にかつ荘厳に執り行われ、庶民の生活の中に広く浸透していきます。

その信仰の広まりに伴い「祇園さん」は全国各地に伝播し、祇園社・祇園神社・八坂神社など呼ばれ、鎮守の神さまとしても定着し、現在に至ります。

「山車(だし)」「鉾(ほこ)」「風流踊」を中心とする夏祭の形式は特徴的で、他の「山車」「鉾」を曳きまわす祭りの多くも、祇園祭が源流だと言われるほど、「祇園さん」は全国に大きな影響を与えました。

暑い夏を健やかにすごせるようにとの民衆の願いが「祇園祭」であり、今でも各地の夏の風物詩となっています。

街を彩る山鉾

街を彩る山鉾

平成23年7月7日

このページのトップへ