02 節句

gyoji0133月3日は桃の節供。ひな人形を飾るご家庭も多いでしょう。

女の子の成長と健康をお祝いするひなまつりですが、もともと節句とは”節供”と書き、宮中で1年間の節目の日に天皇に供された食事を意味しました。
なかでも、縁起のよい奇数の重なる五節供は特に重要視されてきました。
今回のコラムでは、1年の内の節供について触れてみます。

人日(じんじつ)の節供 1月7日 ―七草の祝い―

七草粥でおなじみですが、古く中国では正月7日に人を占ったことから人日の節供とよばれます。
七草粥には、冬を乗り越えて芽を出す若葉の力強さをわけてもらいたいとの思いが込められています。

上巳(じょうし)の節供 3月3日 ―ひなまつりー

3月初めの巳(み)の日を上巳といい、人の形に紙を切り抜いた”ひとがた”で体をなでて、けがれを落とし、海や川に流す祓(はらえ)の行事でした。
ひとがたが次第に豪華になり、現在のひな人形となりました。

端午(たんご)の節供 5月5日 ―子供の日―

もともと端午とは月初めの午(うま)の日を指しましたが、5月5日を端午の節供と呼ぶようになりました。
魔よけのためにお供えする菖蒲の花と尚武(しょうぶ)とをかけて武者人形を飾り、次第に男の子の節供として広まっていきました。

七夕(しちせき)の節供 7月7日 ―七夕まつりー

古くは、御霊(みたま)の衣服を織り、棚に供え、けがれを祓う行事でした。
そこに中国から星祭と手芸や裁縫の上達を願う祭の風習が入ってきて、現在の笹竹に願い事を書いた短冊を結びつけて祈る行事へと変化していきました。

重陽(ちょうよう)の節供 9月9日 ―菊まつりー

縁起の良い奇数(陽数)の最大値”9”が重なることから重陽とよばれます。
古く宮中では菊の花びらを浮かべたお酒をいただく宴が開かれ、民間でも前夜に菊に綿をかぶせ、9日の朝にその露で湿った綿で体を拭いて長寿を願ってきました。
現在でもこの時期は各地で菊まつりが行われています。

節目の行事には、お祝いの料理などを神棚にお供えして、家族みんなでお下がりをいただきます。
それが、人生や季節の節目を大切にし、神さまを身近に感じて生きてきた日本人の暮らしぶりといえましょう。

平成19年3月30日

このページのトップへ